FC2ブログ

 

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ

派遣法改正について 【得をするのは、派遣労働者ではない。】

ここ最近、派遣法を大幅に見直そうとする動きがあるようです。
少し前まで、職場で派遣契約の担当をしていたため、いろいろと考えさせられる
ことが多く、記事として整理してみることにしました。

大きなポイントは2つあります。
1.現行制度では、「専門26業務」と呼ばれる業務以外は、派遣可能期間が最長で3年まで
  に制限されている。この3年という上限は「同一の業務」に対して適用されるものなので、
  派遣労働者が交代してもリセットされることがない。 この制度を廃止し、「業務」では
  なく「人」単位での制限に切り替える。
2.上記「専門26業務」という例外を撤廃し、全ての業務に対して同様の期間制限を設ける。

これは・・今までの派遣規制を根本から覆す考え方ですね(-o-;)
仮に実現したとすると、まず大きな打撃を受けるのは、「専門26業務」に従事する派遣社員です。
今までは、期間の制限なく働けていた人達が、3年ごとに職場を転々とすることになってしまいます。

では、「専門26業務」以外の派遣社員は得をするのでしょうか? これも微妙なところです。
今までは、たとえば同一の業務に対して派遣社員が2年働いて辞めた場合、後任として入ってきた
派遣社員は1年しか働くことができませんでした。 派遣期間の上限を「人」単位に切り替える
ことで、全ての派遣社員が同一の職場で3年まで働くことができるようになります。
若干のメリットがあるとも言えますが、結局3年の壁があることは変わらず・・
今までと大して変わらないと考えられます。

得をするのは・・・実は、派遣先企業だけではないかと思うのです。
派遣契約を担当する中で常々思っていたことですが、派遣って使いづらい制度なんです。
というのも、基本的に大学の派遣契約は「一般事務」が大半を占めるため、3年間派遣社員を
受け入れた後は、同一の業務に対して派遣契約が出来なくなってしまいます。
そのような制度の下では、職員の産休対応など臨時的な場合を除き、派遣を活用すること自体が
少なくなっていきます。(担当者的には仕事が減ってラッキーですがw)

今回の改正案が実現した場合、派遣先企業は同一の業務を恒常的に派遣社員に任せることが
できるようになります。(3年ごとに人を入れ替えるという条件付きですが。)
そうなると、企業にとって派遣という制度が一気に使いやすいものになり、派遣の活用が
増えるという流れが予想されます。
というのも、もともと、直接雇用のパート採用などに比べて派遣という制度は企業の人事部に
とって便利なものなのです。人材募集の手間がなく、社会保険などの面倒な手続きも派遣会社
がやってくれますし、万が一派遣社員とのトラブルがあった際も派遣会社が間に入ってくれます。

企業の派遣活用が増えれば、派遣会社にとっても得なのでは? ということも考えましたが・・
専門26業務の派遣社員に対しても3年ごとに新しい派遣先を探さなくてはいけなくなるという
デメリットを考えると、プラスマイナス0ぐらいかな・・と思いました。
これは、派遣会社の方に聞いてみないとわからないですけどねf(^_^;)

<本日のまとめ>
派遣法が改正されても、得をするのは派遣先企業だけである。

スポンサーサイト

にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ

陣痛促進剤を使った出産の話。

今日は陣痛促進剤(陣痛誘発剤)について書かせていただきます。

一般的には、予定日を1週間ほど過ぎても赤ちゃんが生まれない場合に使われる
ことが多い薬です。 というのも、胎盤の機能がだんだんと劣化していくため、
赤ちゃんがお母さんのお腹の中に留まり続けることはリスクを伴うからです。

最初の妊婦検診でそのような説明を受けたものの、まさか自分が使うことになるとは
夢にも思っていませんでした。 私の妊婦生活を振り返ってみると、つわりもなく、
お腹も臨月になるまであまり目立たず、「こんなに楽でいいのかしら?」と思って
しまうほど順調だったのです。

ただ、検診のたびに「赤ちゃんが大きめ」ということは言われていました。
それでも、「まぁ、小さいよりはいいよね」と思う程度で、あまり気にしては
いませんでした。

そして、体の不調と無縁のまま臨月に突入。もう、いつ生まれてもおかしくないので
ちょっとした腹痛を感じただけでドキドキして時間の確認をしていました。
38週の検診の日、赤ちゃんの推定体重が3800グラムと言われたときは
自分の耳を疑いましたが・・・それでも、生まれる兆候がなかったのです。

その時、病院の先生から「計画分娩という方法もある」というお話を伺いました。
つまり、陣痛促進剤を使うということです。 すぐには気持ちの整理がつかず、
少しだけ待ってほしいと言いました。数日経って、それでも陣痛が起こらなければ
また病院に来るようにとのことでした。

それからはウォーキング、スクワットなどをとにかく頑張って自然な分娩を目指した
ものの、結局は陣痛の兆候があらわれませんでした。。
ネットで「陣痛促進剤」で検索すると、不安になってしまうような話も載っており、
迷いはあったけれど・・旦那と相談して使うことを決意。
これ以上赤ちゃんが大きくなってしまうことのほうが不安だったのです。

病院で同意書を書く際、先生からリスクの説明を受けました。
1パーセント未満の確率ではあるものの、子宮破裂という事例があるとのこと。
ただ、それは帝王切開の経験があるなど、もともとリスクを抱えている方の
ケースがほとんどということでした。

入院前夜、「きっと大丈夫だ」と思いつつも、不安は消えませんでした。
もしかしたら、自分は明日死んでしまうかも・・なんて、今思えば大げさ
すぎる被害妄想をしてしまうこともありましたf(^o^;)

入院1日目は、いろいろな検査をした後、「ラミナリア桿」を子宮口に挿入。
これで、子宮口を3センチ程度まで人工的に拡張するということでした。
そこからは、痛みとの戦いです。 挿入そのものも痛いし、その後は軽い陣痛
のような規則的な痛みがありました。夜はなかなか寝付けなかったけれど、
細切れの睡眠をとっていた気がします。

入院2日目、その日は朝から陣痛促進剤の点滴を始めました。
最初は低濃度からスタートだったものの、看護師さんが1人で点滴をセット
していたので、「あれ、そんなに危険なものではないのかな?」という印象を
受けました。少しずつ濃度を上げていき、子宮の規則的な収縮がありましたが、
午前中は特に痛みを感じることはありませんでした。先生によると、子宮口が
全く開いていないとのこと。(3センチ程度のまま変わらず。)

濃度をMAXまで上げてもそんな状態だったので、いよいよ不安になってきました。
そこで、人工的に破水を起こすことになりました。それで、より子宮の収縮を
促せるということでした。午後、その処置をしてからは痛みが強くなっていき、
ついに本格的な陣痛を経験することになります。自然な陣痛と違い、最初から
間隔が短いのでとにかくつらい。生理痛の痛みが極限まで強くなったような
感じでしょうか。

こんな痛みがあとどれくらい続くのかと考えると気が遠くなりましたが、
子宮口は順調に開いていってくれたようです。 9センチ程度まで開いたとき、
「もういきんでもいいよ~」と言われ、そこからは少し楽になりました。
幸い、いきみ始めてからはスムーズにお産が進み、最後はスルッと生まれました。

点滴開始から出産まで11時間程度、陣痛に苦しんでいたのは5時間前後ぐらい
だったでしょうか。結果的には、苦しい時間が短くて済んだのでよかったです。
もし、2人目ができたら、今度は自然に産みたいと思っていますけどね(^o^)

最後に、まとめてみます。

陣痛促進剤のメリット>
・車を持っていないので、陣痛がきたときにタクシーで病院に向かうのが不安だった。
 計画分娩ならあらかじめ準備して病院に向かうので、その心配がない。
・陣痛で苦しむ時間が短くて済む。(その分、自然分娩より痛みは強いのかもしれない。)
・のんびりタイプの赤ちゃんが、お腹の中に留まり続けることによるリスクを防げる。

陣痛促進剤のデメリット>
・陣痛が強くなりすぎる可能性もあり、まれに子宮破裂などを引き起こす。
・赤ちゃんの誕生日をコントロールできてしまう。
・慎重に検査しながら投与する必要があるため、体中を管で繋がれてしまい、身動きが
 とれない。(痛みに耐えるため、いろいろな体勢をとりたいので・・これはつらい。)



にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ

幽霊が見える人

今日はブログのテーマと全く関係ない話を書かせていただきますf(^o^;)

夏の夜って、ちょっと不思議な気分になりますね。なぜかワクワクするような、
浮き足立った状態とでも言いますか。ポコ太郎を連れて花火大会に行ってきたので、
なおさらそんな気分になったのかもしれません。
(ちなみにポコ太郎は人生初の花火で、大号泣でありましたw)

ふと、何年も前の懐かしい記憶がよみがえってきました。
学生時代、私が塾の講師のアルバイトをしていた頃の話です。担当していた生徒の中で、
不思議な雰囲気をまとった男の子がいました。その子は、私が今までの人生の中で出会った
唯一の「見える人」だったのです。私にも守護霊というのがいるらしく、「農民の子供」が
見えると言われました。 当時は、その塾の中でちょっとした守護霊ブーム(?)が起きて
いましたね~。 今思うと、そんな話をみんな普通に信じているのが、逆に不思議だなって
思っちゃいますけどf(^o^;)
そうそう、私の家系を遡ると、いわゆる「地主」のような人が先祖にあたるらしいので、
「農民の子供」というのが後ろにいてもおかしくないかもしれませんね?

こんな話をすると、私が幽霊を信じているかのように思われるかもしれませんが、
実際のところは半信半疑といったところです。
少し科学的に考えてみると、人間が見ることができるのは「可視光」と呼ばれる、
おおよそ400~800ナノメートルの波長を持つ光だけです。つまり、私達が見ている
のは世界のほんの一部に過ぎないとも考えられます。
普通の人間には見えない世界の中に、霊的な存在があったとしても不思議ではないと
思うんですよね。 結局のところ、対象を認識することによって初めて「存在する」と
言えるのであって、認識できないものが「存在しない」とは言えないのですから。

※この記事には私の偏見が大いに含まれているので、聞き流していただければ幸いですm(__)m


にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ

母乳と粉ミルクについての雑感

最近は、母乳育児を推進している病院が多いように思います。
私が出産した病院もそうでした。最初は混合、母乳の分泌量が増えてきたら
完全母乳という流れを推奨していました。

私の場合は出産後の職場復帰が早かったため、完全母乳で育てるということは
考えていませんでした。混合でも問題ないだろうと思いつつ、少しだけ負い目
を感じてしまうこともありましたね。。

心配になってネットでいろいろと調べていましたが、結局のところ
母乳かミルクかで子供の発育にどのような影響を与えるのか、科学的に
解明することはできないだろうと思っています。(少なくとも現時点では。)
母乳はミルクに比べて免疫力をつける成分が豊富であり、消化吸収の面で
優れているという話はよく聞きますが、最終的には精神論のようなもので
母乳>ミルクだと断言する風潮があるような・・。

わが家の場合は、混合でも徐々にミルクの割合が増えていきました。
8ヶ月でおっぱいを拒否されたため(泣)、現在(9ヶ月)は離乳食3回+ミルク5回です。
赤ちゃんの成長曲線の上限を超えてしまうほど、大きく育っておりますw
幸い、まだ1度も風邪をひいたことがありません(^_^)

それでは最後に、母乳・ミルクそれぞれのメリット・デメリットを書いてみます。

<母乳のメリット>
・ミルクに比べて免疫力、消化吸収の面で優れている(何より自然)
・ミルク代がかからず経済的
・面倒な調乳作業が必要ない
・お出かけ時の荷物が少なくて済む
・赤ちゃんが泣いたら、おっぱいで泣き止ませられる
・寝かしつけにも大活躍
・出産で増えてしまった体重を元に戻せる(笑)

<母乳のデメリット>
・食事制限をする必要がある(飲酒・カフェインなど禁止)
・赤ちゃんを人に預けることが難しい
・飲んだ量がわからないため、栄養が足りているか不安になる
・ミルクに比べて授乳間隔が短い
・おっぱいトラブル、もしくは乳首を噛まれてしまったりすることもあり、
 痛みとの戦い(笑)

<ミルクのメリット>
・飲んだ量がはっきりわかるため、安心感がある
・栄養が一定
・赤ちゃんを人に預けやすい
・母乳に比べて授乳間隔が長い
・離乳食への移行がスムーズ
・お母さんの体が楽(笑)

<ミルクのデメリット>
・ミルク代が高い
・調乳作業が面倒
・お出かけ時の荷物が多くなる
・3時間以上の間隔をあける必要があるため、その間に赤ちゃんが
 泣いても、あげることができない
・赤ちゃんが太りやすい

また、混合の場合は、両方のメリット・両方のデメリットがありますが、
乳頭混乱」が1番の壁となります。
赤ちゃんによっては、混合じゃダメな子もいるようですね。


にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ

粉ミルクの比較

ミルクはさまざまなメーカーのものがあり、「何が違うの?」と疑問に思い調べていました。
大まかに書かせていただきますと、

アイクレオ
 母乳に近い味・香りにこだわったミルク。DHAそのものを添加せず、DHAのもとになるエゴマ油
 を使用することにより、脂肪酸バランスを母乳に近づけているのが特徴です。
 値段は最も高いですが、他のミルクに比べても赤ちゃんが好きな味だと感じました。(主観ですが。)
 ポコ太郎が生まれて初めて飲んだのは、初乳ではなくこのミルクでしたw
 調乳用のスプーンがしなる材質で使いやすいですが、粉が若干溶けにくいのが難点。

<明治ほほえみ
 固形化された「らくらくキューブ」が有名ですね。 入れた数量が目で見てはっきりと分かるので、
 「あれ、今何杯入れたっけ??」というようなありがちなミスがなくなりますw
 通常の粉タイプのミルクも売っているので、わが家では「家では粉タイプ、お出かけにはキューブ」と
 使い分けています。(粉タイプのほうが割安ですし、粉がさっと溶けて楽なのでw) 
 アイクレオに比べると、香りが少し強いかな?と感じました。(ミルク特有のムワッとくる匂い)

<森永はぐくみ
 母乳、とくに初乳に多く含まれる「ラクトフェリン」を配合したミルクです。
 免疫力を強化し炎症を抑制する作用があるので、赤ちゃんを病気から守ってくれます。
 母乳と粉ミルクの違いとして、免疫力という面が気になる方にオススメです!

わが家では、上記3種類のミルクを試しました。
当初は、ローテーション方式で様々な種類のミルクを飲ませようと考えていました。
というのも、メーカーによってミルクの成分が若干異なるので、いろいろなメーカーの
ものを飲ませることでバランスよく多くの栄養をとることができると考えたためです。

しかしながら、赤ちゃんは生身の人間なので、私が考えたことは机上の空論に過ぎませんでした。
消化吸収の機能が未発達の赤ちゃんにとって、ミルクの種類をくるくる変えていくことは体の
負担になってしまうということがわかったためです。
結局、1種類のミルクに絞ることにしました。 アイクレオは初めて飲ませたミルクで思い入れが
あったし、ポコ太郎の飲みっぷりもよかったのですが、経済的な面を考えて断念。。
ほほえみ」と「はぐくみ」で迷いましたが、飲みっぷりがよかった「ほほえみ」を選択すること
にしました。母乳と混合栄養で育てましたが、風邪1つひかずに元気に育っています。

      

にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ

息子(ポコ太郎)が生まれたときのこと

2012年の秋、わが息子(以下、ポコ太郎と呼びます)は産声をあげました。
3600グラムの大きな男の子でした。

生まれる直前まで、「本当に生まれるのか?」と半信半疑だった私ですが、
この手にずっしりとした命の重みを感じたとき、人生で1番の幸せを感じたものでした。

ところが・・・翌日から一転して子育て戦争の始まりですΣ(-o-;)
母子同室を実施している病院で出産したため、体の回復を待つ暇もなく慣れない子育てが
スタートしてしまいました。 とにかく、何をするにも初めてなものですから、
母乳を飲ませることもできず、オムツ替えもままなりません。

そして、何よりつらかったのが、夜中に泣き続けるポコ太郎と2人きりで向き合うこと。
「どうして泣いているの? どうすれば泣き止ませられるの?」とオロオロするばかりで
自分の方が泣きそうでした。 寝不足で死にそうだった私は、結局ポコ太郎を新生児室に
預けて睡眠をとることに。 そんな自分が情けなくて、すっかり自信を喪失していたのでした。

今となっては良い思い出(?)ですが、入院中の数日間は私にとって1番つらい時期でした。
ちょっとした「産後うつ」だったのかもしれませんね・・(^o^;)
退院後はパパの協力もあり、少しずつ育児を楽しめるようになってきたのでした。
やっぱり我が家が1番です。(え、そんなオチ?)


にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ

はじめまして。

はじめまして。まろんと申します。

日々の子育てや仕事について、考えたことなどを気軽に綴っていきたいと思います。
息子は離乳期でかわいい盛りですが、毎日暴れ回っており大変ですw
社会人としても母親としてもまだまだ未熟な私ですが、いろいろな情報を集めながら
日々勉強していきます(^o^)b
にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
ブログランキング
おすすめ本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。