FC2ブログ

 

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ

派遣法改正について 【得をするのは、派遣労働者ではない。】

ここ最近、派遣法を大幅に見直そうとする動きがあるようです。
少し前まで、職場で派遣契約の担当をしていたため、いろいろと考えさせられる
ことが多く、記事として整理してみることにしました。

大きなポイントは2つあります。
1.現行制度では、「専門26業務」と呼ばれる業務以外は、派遣可能期間が最長で3年まで
  に制限されている。この3年という上限は「同一の業務」に対して適用されるものなので、
  派遣労働者が交代してもリセットされることがない。 この制度を廃止し、「業務」では
  なく「人」単位での制限に切り替える。
2.上記「専門26業務」という例外を撤廃し、全ての業務に対して同様の期間制限を設ける。

これは・・今までの派遣規制を根本から覆す考え方ですね(-o-;)
仮に実現したとすると、まず大きな打撃を受けるのは、「専門26業務」に従事する派遣社員です。
今までは、期間の制限なく働けていた人達が、3年ごとに職場を転々とすることになってしまいます。

では、「専門26業務」以外の派遣社員は得をするのでしょうか? これも微妙なところです。
今までは、たとえば同一の業務に対して派遣社員が2年働いて辞めた場合、後任として入ってきた
派遣社員は1年しか働くことができませんでした。 派遣期間の上限を「人」単位に切り替える
ことで、全ての派遣社員が同一の職場で3年まで働くことができるようになります。
若干のメリットがあるとも言えますが、結局3年の壁があることは変わらず・・
今までと大して変わらないと考えられます。

得をするのは・・・実は、派遣先企業だけではないかと思うのです。
派遣契約を担当する中で常々思っていたことですが、派遣って使いづらい制度なんです。
というのも、基本的に大学の派遣契約は「一般事務」が大半を占めるため、3年間派遣社員を
受け入れた後は、同一の業務に対して派遣契約が出来なくなってしまいます。
そのような制度の下では、職員の産休対応など臨時的な場合を除き、派遣を活用すること自体が
少なくなっていきます。(担当者的には仕事が減ってラッキーですがw)

今回の改正案が実現した場合、派遣先企業は同一の業務を恒常的に派遣社員に任せることが
できるようになります。(3年ごとに人を入れ替えるという条件付きですが。)
そうなると、企業にとって派遣という制度が一気に使いやすいものになり、派遣の活用が
増えるという流れが予想されます。
というのも、もともと、直接雇用のパート採用などに比べて派遣という制度は企業の人事部に
とって便利なものなのです。人材募集の手間がなく、社会保険などの面倒な手続きも派遣会社
がやってくれますし、万が一派遣社員とのトラブルがあった際も派遣会社が間に入ってくれます。

企業の派遣活用が増えれば、派遣会社にとっても得なのでは? ということも考えましたが・・
専門26業務の派遣社員に対しても3年ごとに新しい派遣先を探さなくてはいけなくなるという
デメリットを考えると、プラスマイナス0ぐらいかな・・と思いました。
これは、派遣会社の方に聞いてみないとわからないですけどねf(^_^;)

<本日のまとめ>
派遣法が改正されても、得をするのは派遣先企業だけである。


にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ

コメントの投稿

Secret

ブログランキング
おすすめ本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。